ComeComeKammy

サザエがチョキばっかり出す

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSBK#10

2007-08-06-Mon-11:13
第8戦から11戦までスカスカのスケジュールなのに、
なぜ8耐をはさんで3週連続レースになっちゃうのかー。
夏休みはまとめて取ろうよ、FIM…。

とは言え、8耐で優勝したユッキーは予選スーパーポールでフロントロー4番グリッドを獲得!
ブランズハッチと言えば、な芳賀も同じくフロントロー3番グリッド。
ホンダ最後の年になることが明らかになったトーズランドは、さらにその前の2番グリッド。
ベイリスは、今季5度目のPPを獲得。WSB通算で17回目のPP獲得となり、D.ポーレンに並び、歴代3位タイとなった。
ちなみに歴代1位はコーサー40回(!)、歴代2位はフォガティ21回。

WSSの藤原克昭もフロントロー、3番手グリッドを獲得。

スズキヤマハホンダ

<レース1>
ベイリスも転倒、ユッキーも転倒、芳賀までがコースアウトという中で、トーズランドがキッチリ勝利。
DFXホンダのファブリツィオ、前戦に続いて上位に。早くもトーズランドの後釜を狙ってのアピールか?(深読みしすぎ)

<レース2>
レース1のリザルトに、Kagayama-Crashed-Medical center と表記されてたのでびびってたんですが、レース2にもしっかり出場していたのでひと安心。
ビアッジがスタートペナルティでトップ争いから脱落する中、最後までトップ争いをしたのは、
地元トーズランドと、BH大得意のハガノリ、加えてレース1でも2位を獲得したコーサー。
結局レースを制したのはトーズランドで、意外にも今季初Wウィン。
夏前に一瞬不振があったのは何だったんだ、という完勝のあとは、お決まりのストリップ(笑)
8耐でそれが見たかったぜ…(勝つのはあくまでヨシムラですが)
ファブリツィオも好調のまま4位、レース1を落としたユッキーは粘って5位。
2位に入った芳賀は、ビアッジとのポイントレースをひとまずリードし、ランク2位。
かー、シルバーストーンのレース2が中止になったのが痛いなー…。

<WSS>
フロントロースタートだった克ちゃん、終盤マシントラブルでエンジンストップ。
ランキングこそ3位を守っているけれど、4位ハームスとの差はわずか4pt。
今年は不運なリタイヤが多いんだよな、でも負けずに頑張り続けてほしいのだ。ファイトー。
2位に入ったソフォーグルは、WSS参戦2年目にして、3戦を残してチャンピオンを獲得。
何がすごいって、トルコ首相から祝福の電話が入ったらしい。MotoGPカレンダーからは外れたけど、狙うはWSB開催ですかね。

WSBK、WSSともにホンダがチャンピオンを獲得となると、2002年以来(C.エドワーズ、F.フォレ)とのこと。
そうならんように、ハガノリがんばれー。
スポンサーサイト

COMMENT



2007-08-07-Tue-13:13
りんごです。最近パソコンを購入し、やっとつながりました。

先日はいろいろ教えて頂いてありがとうございました。

参考になりました~☆

2007-08-08-Wed-09:12
ややや、とんでもない。
これからもしっかりキャミア兄弟応援してってください!

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。