ComeComeKammy

サザエがチョキばっかり出す

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BSB#10クロフト

2007-08-13-Mon-10:21
BSB公式リザルト(PDF)ホンダ

8耐で不完全燃焼となった清成、本業のBSB第10戦。
予選ではセカンドロー・7番手、決勝日朝のWUPではトップタイムをマーク。
予選とかを見てると、HM Plant Honda と Airwave Ducati 以外のチームもトップ争いに絡んできそうな感じがしたですよ。
ただポイントを考えると、差し当たっての敵はチームメイトのレイ、そしてドカティの2人。
なんとしても、もうノーポイントレースは勘弁!

<レース1>
久々にLTを見ていると、1周目からトップを獲ったのはJ.レイ。
その直後に清成がつけているのにびっくりして、えっ2列目スタートだったよね? と確認してしまった。
そのままレイの背後にピッタリつけ、8周目にトップを奪ってからは後続を引き離してチェッカー。
2位にはレイ。
3番手は初PP獲得のC.クラッチロー(SUZUKI)がぴったりつけていたけれど、
終盤を前にミスでもしたのかな、T.サイクス(HONDA)にパスされて4位転落、そのままチェッカー。
サイクスは初表彰台を獲得し、同時にホンダが表彰台独占。
T.サイクスってどんな人なのかと思ったら、BSBルーキーの22歳チャドに似ている…

<レース2>
盆休みのない私は夜更かしできず、翌日になってからリザルトを確認。
おー、清成ダブルウィン!!
ラップチャートを見ると、レース1ほどのスタートではなかったようだけど、鬼追い上げ→トップダッシュ→独走。
途中でハスラムと危ないシーンもあったようですが、ある意味レース1より完勝状態なのでは!
レイはまた2位だったので、ランキングでは10pt しか開かなかったけれど、それでも価値ある勝利!
3位にはまたもやサイクスが入り、2レースとも表彰台の顔ぶれは同じ。
サイクスは、ランキングでもキャミアを抜いて6位に浮上。
しかしトーズランドも8耐後にダブルウィンしてたし、8耐でのHRC#11って……。

<ランキング>
1.清成(H) 348pt
2.レイ(H) 322(-26)
3.ハスラム(D) 288(-60)
4.ラビッラ(D) 269(-79)
5.バーン(H) 244(-104)
6.サイクス(H) 203(-145)
7.L.キャミア(H) 199(-149)

今シーズン、残すは3Rd.、6レース。
この調子で2連覇してくれることを希望ー!
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。